留意事項1

カードローン利用時の留意事項1

留意事項1

私がカードローンを使う時に注意していることは、使い慣れてしまってカードローンを使うことが家計の中で当たり前になってしまこと、日常化してしまわないように、計画的に利用することを心がけています。
最初の注意点は、利用する時点で、返済が完了するまでの毎月の返済額が、家計に負担が無く最後まで余裕を持って返済出来るのかという点です。
毎月の支出や今後予定されているライフイベントを前もって把握することで返済完了までの道筋を確認するようにしています。
特に気をつけていることは毎月の家計の支出だけでなく、例えば予定されている冠婚葬祭等のイベントや家族の行事、あるいは近いうち実現したい目標等の支出もある程度の金額を予測して、それらも叶えられるように返済額を検討してみるということです。
私の場合はこのようにして、返済が一定期間出来なくなど、支払が苦しくなるということを防ぐようにしています。
カードローンを作った時に規約を貰いましたがそれによると、支払が遅延したり滞ってしまった場合にはカードローンが一時的に使用不可になったり、最悪の場合には解約が必要であったりするようです。
カードローンの利用が停止してしまうということだけでなく、返済が滞った場合の履歴は信用情報にも載ってしまうということでしたので、その点からも、計画性と責任を持ってカードローンを活用するようにしたいと思います。